ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

結婚も悪くない?―ブライダル・ブーケ〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「愛情や絆を伴わないセックスは香りのない花のようなものだ」広告関係のコンサルタントをしているスターに、パーティーで出会ったセクシーなアメリカ人カイルは言った。だがその言葉にスターは反発した。信じるものですか。そう言って女性をだましていい仲になり、飽きたらまた別の人に同じことを言うのよ。終生の愛を望む男などいるわけがないわ。自分と母親を捨てて家を出た父親を持つスターにとって、男性は軽蔑の対象でしかなかった。愛を口にしたところで、カイルもただの男。ちょっと誘惑してやれば、自分の言葉に背いて私を抱くに違いない。ところがスターの思惑は見事に外れてしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
「愛のないセックスは香りのない花だ」と言うカイルにスターは反発した。どうせ飽きたらまた別の女に同じことを言うのだろう。男性を軽蔑する彼女は、彼を誘惑して自分の言葉に背かせようとするが…。〈ソフトカバー〉 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

誘惑の天使―モンクロワ公国物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雲の上の天国では今、二人の天使が激しい論争を繰り広げていた。ある男の命を救うために地上に下りたいと言うレイチェルに対して、彼女のいわば上司にあたる天使は、この場にとどまるべきだと主張する。「でも、これまでと違ってシェイドの最大の危機なんです」レイチェルは、シェイドが生まれたとき彼の守護天使に任命された。子供のころから危険の連続で、あげくに彼は諜報部員にまでなってしまったから、命を助けるのに大忙しだった。そして次は、無法国家に捕らえられた友達を救出しに行くとか。今度ばかりは私にも助けられないかもしれない。何とか方法を考えなくては…。シェイドは、突然目の前に現れた謎の女に不信を募らせていた。内乱の続く国に、理由を聞かずにいっしょに連れていってくれという。清純そうに見える女ほど驚くべき秘密を持っているものだが、この女はいったい何者なんだ?この僕に何をしようというんだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
カリフォルニア生まれ。フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥデイ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あなたしか愛せない (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
真実の愛に、ルールはない。著名劇作家ネイサン・ホィットモーの一人娘カースティを誘拐した犯人が釈放された。ふたたびボディガードとして現れたライアンは、彼女を守りきれるのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの作家。執筆した作品は五十作を超え、世界中で1000万部以上の売り上げを誇る。ニューサウスウェールズ州の海辺の町で、四人きょうだいの末っ子として生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移りコンピューター・プログラマーの道に進む。幸せな結婚をしたあとは家庭に入って三人の娘にも恵まれたが、創造的なことがしたくなり、家事をこなす合間に小説を書き始めた。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな筆致で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

真実よ、今こそ―炎のハート・愛と情熱の物語〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セレスト・キャンブルとバイロン・ホィットモーの反目は有名だ。だがそれはオパールを扱う二つの会社の社長としてばかりではない。セレストの好戦的な態度は、バイロンへの復讐だった―。二十一年前、彼女を地獄に突き落とした男への。しかしパーティーで威風堂々たるバイロンに会ってからというもの彼女の心は乱れていた。私はまだ彼に欲望を感じている…。バイロンが再婚するという噂を聞くと、心はいっそう騒いだ。そして運命は一気に二人を引き寄せた。彼女の放蕩の弟デイミアンが家出したジェマ・ホィットモーをかくまっているというのだ。家出の理由を知ったセレストは、事態を収拾すべく、意を決してジェマの夫の養父であるバイロンに電話した。

なんてミステリアス!―孤独な兵士〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジャニーンは、二十四歳にして超売れっ子のミステリー作家。考古学者である両親が発掘調査でメキシコに滞在するに伴い、ジャニーンもカンクンの美しいビーチハウスで十二歳の弟の面倒を見ながら執筆生活を続けていた。姉弟の隣家には、かつてビジネス界の風雲児として名を馳せ、巨万の富を築いたカンテン・ロークが娘と暮らしていた。妻の不実に傷つき、事業にも失敗した彼は、再起を誓いつつ、愛娘と静かに日々を送っていたのだ。姉弟と父娘はやがて親しく交流するようになり、ジャニーンとカンテンの間には愛が育ち始めた。だが、そんなある日、ジャニーンのミステリー小説以上にミステリアスな事件が起こる。

目覚めたら恋人同士―美しき報復〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十数年前に若くして夫を亡くしたアンナは、中世の香り漂う町で、女友だちに恵まれ、地味だけれども心穏やかに暮らしていた。ある日、彼女の家に、ひとりの魅力的な男性が訪ねてきた。彼はウォード・ハンターと名のり、初対面のアンナに対して、ジュリアンという男と組んで弟を騙した女詐欺師となじる。私自身がその男に大金を持ち逃げされた被害者なのに。アンナが言い返す間もなく、彼は憤然と立ち去った。同じ日の夕刻、再びアンナの家に出向いたウォードは、頭を怪我して倒れている彼女を発見し、救急車を呼んだ。アンナは病院で意識を回復するが、付き添った彼を恋人と思い込む。記憶を失ったらしい彼女を、ウォードはなぜかほうっておけず、互いに相手を誤解したまま、二人の奇妙な同棲が始まった…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

火曜生まれは気高く―あの歌を憶えていたら〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あなたには家族がいるのよ。それもお兄さんが四人に、お姉さんと妹さん。六人もの肉親が…”トレント・エンタープライズ社長の養女として育ったミシェルは、相次いで養父母を亡くすという不幸に見舞われたが、養母の書き残した手紙を読んで、出生の秘密を知ることになった。わたしにきょうだいがいたなんて…。満ち足りた生活を送りながらも、どうしようもない寂しさを感じたことが何度もあった。みんなはわたしのことを憶えているかしら?ミシェルは行方不明のきょうだいを探す決心をし、私立探偵のトニー・ダレッサンドロを訪ねる。が、そこでまさか、彼の黒い瞳や輝くような笑顔に魅せられてしまうとは、思ってもいなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フェリス,ジーナ
アメリカ南部の自然と人をこよなく愛し、作品にもよく盛り込んでいる。ハーレクイン・テンプテーション並びにシルエット・スペシャル・エディションの代表作家の一人で、ジーナ・ウィルキンズ、ジーナ・フェリクス・ウィルキンズという名でも活躍中である。“あの歌を憶えていたら”シリーズのスピンオフが2000年6月と7月(N-821、N-825)にスペシャル・エディションより刊行されます(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚なんてしたくない―ミスター・ミリオネア〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
やりての株式仲買人、ジャスティン・ランドンはかなりの吝嗇家で、結婚などすれば、銀行口座から金が出ていくだけと信じている男だった。友人たちに説得されて慈善団体の活動に加わったのも、税金が控除されるというメリットがあるからだ。だが、その活動の関係でエイミーという魅力的な女性に会い、いい気分になったのもつかの間、持病の胃痛が突然激しくなり、吐血してしまう。すぐさまエイミーに病院に運ばれ、緊急手術を受けたジャスティンは、死線をさまようあいだ、夢を見た。“もったいない。働いて、金の心配をするだけの一生だったな”“何一つ役に立つことをせず、人を愛したこともなかったなんて”そう友人たちが悲しそうに話している夢。僕の人生は無駄に終わったのだろうか―彼は、恐怖と後悔に襲われた。神よ、僕にもう一度、人生の意味を見つけるチャンスをください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バンクス,リアン
アメリカのロマンス小説界でナンバーワンの売り上げを誇る人気作家の一人。現在、夫と息子、娘とともに、生まれ故郷のバージニアで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時は、やさしく―未来から来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
故郷も、家族も、自由さえも捨てさせて、兄を奪ったのは、いったいどんな女性なんだろう?ジェイコブ・ホーンブローワーは二年という歳月をかけて、兄の居所をつかみ、正確に目的の場所に到着した。その、雪のオレゴン州クラマス山中の山小屋では、サニー・ストーンがひとりで姉夫婦の留守を預かっていた。二十三歳になるのに自分の進むべき道が見つからず、彼女は、なにか大きなことがしたいと模索中だった。そんなところへ突然現れたジェイコブという男。実に不可解な存在で、義兄の弟だというけれど…。サニーは知る由もなかった―彼が、兄を連れ戻すために時空をこえてタイムトラベルしてきた、二十三世紀の人間だということを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋を生みだす銀貨―エメラルド色の誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「銀貨を払ったら美女との出会いを予言してくれるかな?」突如現れたハンサムな男性の言葉に、バザーで女占い師を演じていたハリーは顔をしかめた。数時間後、彼女は父親の会社の弁護士として、その男性と再会する。彼の名はクイン・マクブライド、銀行の頭取だという。スキャンダルに巻き込まれそうな妹を救うため、新聞社を経営する父ジェロームの助力を仰ぎに来たらしい。彼はなぜかハリーをジェロームの愛人と勘違いして軽蔑の視線を向けてくる。クインのそんな態度に、彼女はいらだちを覚えた。そのいらだちは、クインが妹を脅迫する新聞記者の名を口にすると、驚愕と怒りに変わった。彼が名指しした記者はハリーの恋人だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

oooパチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 天国的お魚の道@千葉ooo お笑いタレントooo 住宅ローンのことooo 墨田区紀行ooo 山手線で行く!Libraryooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉の事。ooo 巣鴨で散策!ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 新聞を読もう!ooo うまい米@千葉ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo IIS設定備忘録ooo 千葉の滝さがしドットコムooo リネージュIIクロニクル2ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 鶯谷・うぐいすだにooo