ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

危険なハネムーン―孤独な兵士〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
書店を経営するダニーは、メキシコでの休暇中にハンサムなエリックと出会い、恋に落ちた。「あなたがほしいの」彼女は弱々しい声でいった。「ぼくの思いは、きみより強烈だ。いまここで、きみを妻にすることを誓うよ。あした教会へ行こう」エリックの言葉に心を打たれ、ダニーは大粒の涙を流した。ところが、夫婦になっても、エリックは軍関係の仕事をしているということ以外、なにも自分のことを話そうとしない。ダニーはしだいに、かれに秘密のにおいを感じはじめる。わたしは利用されているだけなのかしら…でも、なんのために。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
多作なロマンス作家。かつては新聞記者として毎日が締め切りの生活を経験したことから、執筆が滞ることがなく、平均して二カ月に一冊の割合で新しい作品を仕上げている。家族は夫と息子の三人。夫とは出会って一週間で結婚した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛よ、おかえり〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『禁じられた恋』―シカゴで秘書をしているマギーは、以前働いていたダブルC牧場へ三年ぶりに帰ってきた。そこでマギーはダニエル・クレイと再会する。かつて許されない恋の激しさにおののいたふたりは、今も続く苦しい思いにピリオドを打とうと、一夜だけの約束で愛を交わしてしまう。『クリスマスに指輪を』―診療所で働くレベッカのもとに、患者がやってきた。なんとレベッカの学生時代の恋人ソーヤだ。海軍の仕事を優先して去っていった男性だった。動揺するレベッカをよそにソーヤは平然としている。交通事故で記憶を失ったらしい。彼は体を近づけて言った。「なんの香水だい?その香りに覚えがある」。

内容(「MARC」データベースより)
シカゴで秘書をしているマギーは、3年ぶりに以前働いていた牧場へ帰って来た。そこでマギーはダニエル・クレイと再会し、一夜だけの約束で愛を交わすが…。2000年刊「禁じられた恋」「クリスマスに指輪を」の合本。

誘惑の天使―モンクロワ公国物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雲の上の天国では今、二人の天使が激しい論争を繰り広げていた。ある男の命を救うために地上に下りたいと言うレイチェルに対して、彼女のいわば上司にあたる天使は、この場にとどまるべきだと主張する。「でも、これまでと違ってシェイドの最大の危機なんです」レイチェルは、シェイドが生まれたとき彼の守護天使に任命された。子供のころから危険の連続で、あげくに彼は諜報部員にまでなってしまったから、命を助けるのに大忙しだった。そして次は、無法国家に捕らえられた友達を救出しに行くとか。今度ばかりは私にも助けられないかもしれない。何とか方法を考えなくては…。シェイドは、突然目の前に現れた謎の女に不信を募らせていた。内乱の続く国に、理由を聞かずにいっしょに連れていってくれという。清純そうに見える女ほど驚くべき秘密を持っているものだが、この女はいったい何者なんだ?この僕に何をしようというんだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
カリフォルニア生まれ。フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥデイ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

そこにあなたがいて―嵐のごとく〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「あなたなんか大嫌い!顔も見たくないわ」「なぜそうつっかかる?ぼくはきみの後見人だぞ」「十年前、あなたはポーカーで父から牧場を奪い、そのうえ父を追放したわ。あなたって人はなんでも自分の思いどおりにする人なのよ」「ぼくでも思いどおりにできないことがある」「わたしは絶対あなたのものにはなりませんからね」メガンはありったけの憎しみをこめてジェブをにらんだ。ずっと面倒をみてもらったのは感謝しているけれど、わたしはこんな傲慢で利己的な人間を許しはしないわ。だが、事件に巻き込まれ、瀕死の重傷で敵の手中に落ちた彼女のたったひとりの兄をジェブは命がけで救ってくれた。「よかったな、助かって」ジェブにそっと抱きしめられ憎いはずの男の胸の中で、メガンは初めて涙を流した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイジャー,アン
生粋のテキサス人で、英文学とスペイン文学の修士号を持ち、二年間教師をしていたこともある。英語、スペイン語はもちろん、フランス語も堪能。作家としての輝かしいキャリアに加え、三十年続けてきたピアノのほうもプロ並みの腕前。旅行に行くのが好きで、趣味は夫とコロラド山中をハイキングすることだという(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

冬の花嫁たち―『片思いの日々』『ダーリンと呼ばないで』 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『片思いの日々』マチルダは最近、両親とともに小さな村に引っ越してきたばかり。村の診療所が受付係を募集していると聞き、家計を助けようと面接を受けた。運よく採用された彼女の目に、ドクター・ラヴェルは魅力的な男性に映る。実際、ひと目見た瞬間、恋に落ちてしまったのだ。でもわたしは美しくないし、ドクターには婚約者がいるという。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。『ダーリンと呼ばないで』つき合っていた恋人に捨てられ、エイミーの気分はどん底だった。こんな精神状態のまま、個人秘書の仕事がつとまるだろうか。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。だが固い決意も虚しく、エイミーはなすすべもなくジェイクの手に落ちた。さらに驚くべき事態が生じる。妊娠を理由に結婚を申し込まれるなんて。

内容(「MARC」データベースより)
村の診療所の受付係に採用されたマチルダは、ドクター・ラヴェルをひと目見た瞬間、恋に落ちてしまった。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。「片思いの日々」「ダーリンと呼ばないで」の2編を収録。

結婚も悪くない?―ブライダル・ブーケ〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「愛情や絆を伴わないセックスは香りのない花のようなものだ」広告関係のコンサルタントをしているスターに、パーティーで出会ったセクシーなアメリカ人カイルは言った。だがその言葉にスターは反発した。信じるものですか。そう言って女性をだましていい仲になり、飽きたらまた別の人に同じことを言うのよ。終生の愛を望む男などいるわけがないわ。自分と母親を捨てて家を出た父親を持つスターにとって、男性は軽蔑の対象でしかなかった。愛を口にしたところで、カイルもただの男。ちょっと誘惑してやれば、自分の言葉に背いて私を抱くに違いない。ところがスターの思惑は見事に外れてしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
「愛のないセックスは香りのない花だ」と言うカイルにスターは反発した。どうせ飽きたらまた別の女に同じことを言うのだろう。男性を軽蔑する彼女は、彼を誘惑して自分の言葉に背かせようとするが…。〈ソフトカバー〉 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

炎の夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
傷心の彼女たちの心に、再び恋の炎は燃え上がるのか―ジョアン・ロス、ヘザー・マカリスター、エルダ・ミンガー。三人の人気作家が贈るやさしく激しい恋と、きらめく運命の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
物心ついたときから作家志望で、初めての小説は七歳のころに書いた二羽の鴨が主人公の悲恋物語だった。1982年にロマンス作家として念願のデビュー。以後五十以上もの作品を生みだしている。高校時代の恋人と二度結婚した経験の持ち主。アリゾナ州在住

マカリスター,ヘザー
高校時代からの恋人と結婚。電気技師となった夫と元気いっぱいのふたりの息子に囲まれてテキサス州に暮らす。愛情にあふれた人生を楽しみつつ、幸せな結末が約束された愛の物語を書きつづけている

ミンガー,エルダ
十年以上にわたって、ハーレクイン・テンプテーション及びアメリカン・ロマンスで執筆、そのセクシーな作風で読者を魅了してきた。作家の参加する会議でスピーチをしたり、小説家養成コースの講師を務めたりといった対外活動にも積極的。南カリフォルニアのすてきな古い屋敷に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚なんてしたくない―ミスター・ミリオネア〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
やりての株式仲買人、ジャスティン・ランドンはかなりの吝嗇家で、結婚などすれば、銀行口座から金が出ていくだけと信じている男だった。友人たちに説得されて慈善団体の活動に加わったのも、税金が控除されるというメリットがあるからだ。だが、その活動の関係でエイミーという魅力的な女性に会い、いい気分になったのもつかの間、持病の胃痛が突然激しくなり、吐血してしまう。すぐさまエイミーに病院に運ばれ、緊急手術を受けたジャスティンは、死線をさまようあいだ、夢を見た。“もったいない。働いて、金の心配をするだけの一生だったな”“何一つ役に立つことをせず、人を愛したこともなかったなんて”そう友人たちが悲しそうに話している夢。僕の人生は無駄に終わったのだろうか―彼は、恐怖と後悔に襲われた。神よ、僕にもう一度、人生の意味を見つけるチャンスをください。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バンクス,リアン
アメリカのロマンス小説界でナンバーワンの売り上げを誇る人気作家の一人。現在、夫と息子、娘とともに、生まれ故郷のバージニアで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

結婚の心得―ミスター・ミリオネア〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「一人の男性としてのあなたが好きなの」ケイトは震える声で、マイケルに告げた。そして胸が張り裂けそうな思いで、目をそらす彼を見つめた…。ボスのマイケル・ホーキンズとふとしたことから一夜をともにしてしまったのは二ヵ月前。それまで、彼がケイトに目を留めたことはなかった。彼女のほうはといえば、三年間ずっと彼に思いを寄せていた。だからこそ、あの夜、自分をただの有能な秘書としてではなく女性として見てくれた彼に、淡い期待を抱いてしまったのだ。だが翌朝、マイケルはうろたえた様子で彼女に詫び、さっさと仕事だけの関係に戻ってしまった。でも、私にはできない。ケイトはこみ上げる吐き気を抑えた。元の関係に戻れない理由もできてしまったのだから…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バンクス,リアン
アメリカのロマンス小説界でナンバーワンの売り上げを誇る人気作家の一人。現在、夫と息子、娘とともに、生まれ故郷のバージニアで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ピリオドを打ってから―クリスティン・リマー傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「それで、ここを去って、きみはこれからどうするつもりなんだ?」フェイスは、プライスの口調のきつさに身構えた。サンフランシスコ湾を見下ろす丘の上に立つモンゴメリー家の屋敷で、十年間家政婦を務めてきたフェイスは、ついに、辞めたいと当主のプライスに告げたのだった。長年、彼女はプライスのことをひそかに恋していたが、決して報われることはないとあきらめ、自ら去る決心をしたのだ。だが、その日から、プライスは急に彼女に目を向けるようになった。後任の家政婦が決まらない画策までして、悪びれる様子もない。親しげになったかと思うと不機嫌になる彼に、フェイスはとまどう。だが混乱しているのはプライスのほうも同じだった。失うとわかって、彼女がどれだけ大切かに気づいたからだ。ふたりのあいだに緊張が高まった。そして最後の週末、プライスは彼女を夢のようなディナーに誘う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo千葉蛸・たこ焼き大好きooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo ショッピング 検索ooo ビバ!プリプレスooo 住宅ローンのことooo ガシャポン戦死!ooo 千葉県の施設ooo ~新宿 Live House~ooo カレー大好きキレンジャー!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo アメ横一番!ooo 美容.コレクションooo 山手線で行く!Libraryooo 家電、AV機器.コレクションooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo おいしいくだものメニューooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo リネージュIIクロニクル1ooo