ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

薔薇の名残―遠い昔のある声に〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
どんな女性に言い寄られても振り向かない―デヴィンの心はある一人の女性のものだった。十代の頃から思いつづけた彼女の名はキャシー。二人も子供をもうけながらいまだに少女のように華奢で無垢なひとだ。彼女は妻に暴力をふるい放題だった夫と別れ、デヴィンの兄が始めたホテルで働いている。前夫のジョーは現在服役中の身の上。デヴィンは今度こそキャシーの愛を勝ち得る決意だ。そして彼女と結婚したい。だが、ジョーの今後の動き、父親という存在に恐怖心を持つ子供たち、キャシーにしても結婚など少しも望んでいない…。

内容(「MARC」データベースより)
どんな女性に言い寄られても振り向かない-。デヴィンの心はあるひとりの女性のものだった。10代の頃から思いつづけた彼女の名はキャシー。ふたりも子供をもうけながら、いまだに少女のように華奢で無垢なひとだ。

恋人もいないのに―生涯に一度の愛を〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フェニア・マッシーは勤め先の託児所で途方に暮れていた。七時を過ぎたというのに、ルーシーの迎えが来ないのだ。ほどなく一台の車が車寄せに入ってきたが、玄関に立っていたのは三十代半ばの見知らぬ男性だった。イェーガー・アーカートと名乗る一流企業の取締役で、交通事故に遭った弟夫婦の代わりに、姪を迎えに来たという。彼の身元を確認するすべのないフェニアは仕方なく、ルーシーと一緒にイェーガーのペントハウスへ行った。「姪のために、今夜は泊まってくれるんだろう?」思いがけないイェーガーの言葉がきっかけで、男性に臆病で純真な女性と恋多き独身主義者が、ひとつ屋根の下で生活することに…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティール,ジェシカ
イングランド中部の田舎に、七人きょうだいの六番目に生まれた。公務員として働きながら小説を書き始める。夫の励ましを得て作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時は、やさしく―未来から来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
故郷も、家族も、自由さえも捨てさせて、兄を奪ったのは、いったいどんな女性なんだろう?ジェイコブ・ホーンブローワーは二年という歳月をかけて、兄の居所をつかみ、正確に目的の場所に到着した。その、雪のオレゴン州クラマス山中の山小屋では、サニー・ストーンがひとりで姉夫婦の留守を預かっていた。二十三歳になるのに自分の進むべき道が見つからず、彼女は、なにか大きなことがしたいと模索中だった。そんなところへ突然現れたジェイコブという男。実に不可解な存在で、義兄の弟だというけれど…。サニーは知る由もなかった―彼が、兄を連れ戻すために時空をこえてタイムトラベルしてきた、二十三世紀の人間だということを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

再会のテキサス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
2年ぶりに故郷サンアントニオで再会したジョセットとマーク。レイプ事件での疑惑や、彼女の秘密ゆえの苦い思い出を拭い去れないまま、ふたりは殺人事件の捜査に当たるが…大好評を博した前作『砂漠の君主』に続くダイアナ・パーマー渾身のロマンス。

From Publishers Weekly
A bizarre misunderstanding between the hero and heroine fuels the tension in this otherwise unremarkable romantic suspense novel. Texas Ranger Marc Brannon and Josette Langley, a junior investigator for the DA's office, share a checkered history. As a teenager, Josette was assaulted by a local politician's son and then made out to be a liar in court; Marc even helped testify against her. Years later, Marc and Josette began an affair that ended abruptly when Marc discovered that Josette's hymen was too thick for penetration. At the time, Marc branded Josette a tease because she was willing to sleep with him but unable to complete the act, and he walked out on her, claiming that she was never "woman enough" for him. Now Marc and Josette are paired to investigate a murder that may be connected to the Mob. While the mystery plot unfolds predictably, the two try to sort out their past grievances. Palmer's fans are drawn to her macho cowboy heroes, but Marc's off-putting jokes about Josette needing "minor surgery" and his demands that she get therapy so that she'll stop being "sexless" are aggravating. Despite the steamy sex scenes that warm up the pages once the two eventually do connect, this is a passable romance that may please Palmer's current fans but won't convert new ones. Copyright 2001 Cahners Business Information, Inc. --このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

愛の輪舞(ロンド) (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
愛する娘タラと裕福な青年ライランドの結婚。それは、母クローディアにとっての最高の幸福となるはずだった。しかし、封印されていた過去の事実を白日のもとにさらす悪夢の幕開けとなってしまった。幸福という踊りの輪に加わった疑惑と裏切り。全世界で発行部数6000万部という超ベストセラー作家、ペニー・ジョーダンが描く、夫婦と親子の愛と信頼、そして裏切りの輪舞。

From Publishers Weekly
A daughter's forthcoming marriage forces a divorced British couple to revisit old secrets in this muddled, talky romance by the author of Power Play. When 23-year-old Tara Wallace announces that she's going to marry her American boyfriend, and that his wealthy aunt will scrutinize her family tree, her mother, Claudia, and father, Garth, must face painful truths they've hidden from their daughter. After setting up a potentially interesting situation, Jordan takes the reader through a series of extended flashbacks as well as frequent digressions into the lives of minor characters. One implausible plot twist is piled atop another; long-awaited confrontations fizzle (for example, the rich aunt dies suddenly before meeting Tara), and the main characters mull their feelings and conflicts at tiresome length. Some masochistic sex scenes may put off romance readers.
Copyright 1998 Reed Business Information, Inc. --このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

愛よ、おかえり〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『禁じられた恋』―シカゴで秘書をしているマギーは、以前働いていたダブルC牧場へ三年ぶりに帰ってきた。そこでマギーはダニエル・クレイと再会する。かつて許されない恋の激しさにおののいたふたりは、今も続く苦しい思いにピリオドを打とうと、一夜だけの約束で愛を交わしてしまう。『クリスマスに指輪を』―診療所で働くレベッカのもとに、患者がやってきた。なんとレベッカの学生時代の恋人ソーヤだ。海軍の仕事を優先して去っていった男性だった。動揺するレベッカをよそにソーヤは平然としている。交通事故で記憶を失ったらしい。彼は体を近づけて言った。「なんの香水だい?その香りに覚えがある」。

内容(「MARC」データベースより)
シカゴで秘書をしているマギーは、3年ぶりに以前働いていた牧場へ帰って来た。そこでマギーはダニエル・クレイと再会し、一夜だけの約束で愛を交わすが…。2000年刊「禁じられた恋」「クリスマスに指輪を」の合本。

愛は脅迫に似て―パリから来た恋人〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サンドリンは新婚六カ月の夫ミシェルに書き置きを残し、ニューヨークからひとりゴールド・コーストにやってきた。映画のオーディションに受かって見事に役を射止めたものの、撮影のあいだ四週間も離れて暮らすなどとんでもないと、ミシェルにオーストラリア行きを強く反対されたからだ。だがサンドリンの意気ごみを裏切るかのように、撮影は大幅に遅れ、資金不足から映画製作自体が暗礁に乗り上げようとしていた。そんなとき、ある人物が映画に資金を投入してくれることになった。パーティの席上、その人物に会ったサンドリンは呆然とする。なんとそれはミシェルだった。彼は怒りをこめたキスで彼女を罰し、投資の対象はきみだと告げる。ぎこちない関係のまま、二人は再びともに暮らしはじめるが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で生涯の伴侶を得たというロマンスの持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢がさまよう森―遠い昔のあの声に〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。だが今、ジェイリッドはいらだっていた。父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。相続のことで連絡をとろうとしているのに、はじめから無視されてしまったのだ。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりしてジェイリッドにそっけない態度をとったものの、彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、かつてないほど心が騒いでいた…。

内容(「MARC」データベースより)
父親の遺産を相続した女性と連絡がとれず、弁護士のジェイリッドはいらだっていた。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも、彼の魅力的な目とほほえみに心が騒ぎ…。

コックピットの恋人―エメラルド色の誘惑〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この傲慢な女性がパイロットだって?黒い戦闘服姿で現れたダニー・サマーを見て、医師ジョナス・ノーブルは唖然とした。彼は富豪ジェローム・サマーに往診を依頼され、迎えのジェット機で飛び立つところだった。なぜか敵対的な態度をとる彼女に命を預けることに、ジョナスは言いようのない不安を覚える。一方、ダニーは、正体不明の人物の訪問目的が気になっていた。ミスター・ノーブルを田舎の屋敷につれてきてほしいと父から頼まれたが、それ以上は何も教えてくれなかったのだ。屋敷に着いて彼が医者だと知ると、ダニーの心配は一挙につのった。父は病気なの?なんとしても確かめなくては。後日、彼女は美しさを武器にノーブルに近づいた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ひそやかなロマンス―マロリー・ラッシュ傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「コンピューターで結婚相手を探すなんて、人の心をもてあそぶいんちき商売です。私にぴったりの相手は見つけられないでしょ?」グレアム・ルファージが経営する会社に、挑戦状ともとれる痛烈な批判の手紙が届いた―入会申込書つきで。書類を見て、グレアムは驚いた。このクレアという女性は何から何まで僕の理想だ。そこでグレアムはあることを考えついた。“ダニエル”という男性を紹介すると返事をし、“ダニエル”になりすまして彼女とコンピューター通信でデートをするのだ。予想以上に二人の相性はぴったりで、恋はいっきに燃え上がる。まるで実際にデートをしているように…。彼女への思いが募るほど、グレアムの苦悩は深まる一方だった。クレアに会いたい。でも、この顔を見たら彼女は…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラッシュ,マロリー
ハーレクインの作家のなかで、もっとも情熱度の高いストーリーを描き出す一人であり、そのドラマチックな作品は数多くの賞を受賞している。自分が読みたい物語を書く、という考えで旺盛な執筆活動を続ける彼女は、夫と五人の子供たちといっしょにフロリダ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[ROSIBUN] [オススメ!エスホラ!]

oooパチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 天国的お魚の道@千葉ooo お笑いタレントooo 住宅ローンのことooo 墨田区紀行ooo 山手線で行く!Libraryooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉の事。ooo 巣鴨で散策!ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 新聞を読もう!ooo うまい米@千葉ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo IIS設定備忘録ooo 千葉の滝さがしドットコムooo リネージュIIクロニクル2ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 鶯谷・うぐいすだにooo